社員紹介-ものづくり課-

ものづくり課


8:45
メールチェック
今日のスケジュールを調整したり、メールを確認し提携工場さんに返信をしたりします。

9:00 
商品の撮影
新商品・リニューアル商品の撮影をします。たまに外に撮影をしに行くこともあります。

10:00 
撮影した画像の画像加工

ネットで商品を販売しているので、撮影した商品と商品の色が違わないかチェックしながら加工しています。

12:00 
お昼休憩
コンビニかパン屋さんで昼ごはんを買って、PCで好きなWEBサイトを見るか、映画を観ています。おすすめはセブンイレブンの塩おにぎりです。


13:00 
画像加工の続きと
商品ぺージの作成

撮影した商品の画像加工の続きをして、商品ページ作成をします。

14:30 
ブランドのミーティング
2週間に1回あり、新商品の発表や相談、売り上げの報告をしています。

16:30 
新商品の企画や
ラフモデルの作成

新商品を企画するため、ラフモデルを作成して構想を練ります。

18:00 
帰宅
1日の仕事を無事終え、帰宅します。

 

Q:就職活動時、当初はどのような業界を志望していたのですか?
A: デザインの仕事がしたいというのは中学生のときから思っていました。大学3回生の時に車メーカーやデザイン事務所のインターンシップに行ってみて、その後、生活雑貨・日用品メーカーのデザイン職を志望しました。

Q:サイバールとの出会いはどのような経緯だったのですか?
A:大学の就職課にたくさん入ってくる求人票の中からたまたま見つけました。雑貨,プロダクト,デザインなどのワードで調べる中で見つけ、とりあえず説明会に行ってみようかなーと思い…今に至ります。

Q:入社後について詳しく教えてください。
A:初仕事はエコバッグのテキスタイルデザインでした。その後マグカップやポチ袋、ギフトボックス等の生活雑貨の開発、そして商品撮影やページのデザインまで、枠にとらわれない様々なデザインをさせてもらっています。

Q:入社後印象に残っているエピソードを教えてください。
A:初めて「作ってみたい!」と思ってドキドキしながら発表した商品が、テレビ取材を受けたり、想像よりもいっぱい売れたり、社内の人がSNSで広めてくれたり、いろんな反応がもらえたのはすごくうれしかった出来事です。

Q:どのような部分でやりがいや面白さを感じていますか?
A:お客さんに喜んでもらうための仕事ですが、 まずは自分が「商品のココに凄くこだわって作れた」「可愛く画像が撮れた!」など、自分が商品を好きと思えるポイントが生み出せたときに、やりがいと面白さを感じます。

Q:仕事をする上で難しさを感じたことはありますか?
A:思っていたよりもコストがかかりそうな時に、どうしようかなぁ…と思います。 コストや納期、出荷方法、販売戦略など、様々なことに目を向けてバランスをとるのは難しいです。

Q:今後サイバールでどのようなキャリアを目指したいと考えていますか?
A:ずっとデザインに携わるプレイヤーでいたいと思っています。

Q:入社前の自分と今の自分、一番変わったと感じるのはどこでしょうか?
A:生活リズムが一番変わったと思います。朝起きて3食しっかり食べて、夕方まで働いた後は自由な時間を過ごして、休日はいっぱい遊ぶ、夜は寝る。当たり前のことなのですが、今学生の頃より健康な気がします。